タクシードライバーには2種類のタイプが存在する

タクシードライバーは法人タクシーと個人タクシーに大きく分けられます。もし、タクシードライバーを目指しているのであれば、この2つのタイプの特徴について把握しておきましょう。

法人タクシーと個人タクシーの特徴を比較

法人タクシー

タクシー会社に所属して働くスタイルです。法人タクシーのドライバーとして働く条件としては、二種免許を取得していることです。なお、東京などの一部の地域では地理試験に合格する必要もあります。

個人タクシー

会社に属さずにフリーで働くスタイルです。二種免許を持っていればすぐに個人タクシーとして働くことができるわけではなく、「一定の年数以上の運転する仕事をしていること」など、いくつかの条件をクリアしている必要があります。

タクシードライバーになるなら信用できる会社の求人を見分けよう

履歴書

売上が良いところを選ぶようにしよう

働くのであれば、誰しもがたくさん稼ぎたいと思うはずです。タクシードライバーの求人を探す際は、企業の売上に注目しましょう。売上が良いということは、それだけ顧客も多いということになります。多くの会社で歩合給を採用しているので、多くの顧客を獲得できれば、それだけ売上が上がり、その月の給料も多くなります。

男女

働きやすさを重視するなら設備をチェック

働きやすいところであれば長続きしますので、求人を選ぶ際に「働きやすさ」が優先度高い方もいらっしゃることでしょう。そのような人は、会社の設備を確認してみてください。会社によって、仮眠室や寮を完備していたり、ガソリンスタンドを自前で設置していたりなどをしているところがありますよ。

男女

社員への教育に力を入れているところは信用できる

未経験者であれば、しっかりと教育をしてくれるところに就職したいものです。求人を応募する際は、採用担当者にどのような教育をしているか確認してみましょう。なお、優良評価を受けているタクシー会社を選ぶのも一つの手です。東京などには、優先タクシー乗り場というものが存在します。これは、公益財団法人東京タクシーセンターから優良評価を受けた会社のみ利用が許されています。接客態度など、様々な基準を元に優良であるかどうか判定していますので、優良評価を受けている会社は社員教育に力を入れている可能性が高いです。

タクシードライバーに向いている人

職業

精神的にタフな人

タクシードライバーは長時間働きますので、コールセンターの業務と同じようにストレスが溜まりやすいお仕事です。そのため、かなり精神的に負担がかかりますので、どんな時でもへこたれない人は向いていると言えます。

物覚えがいい人

タクシードライバーは、お客さんが指定した目的地に送り届けるのがお仕事です。スムーズに仕事をこなすためには、地名や施設の名前を覚えておくのが大前提となります。また、時間帯ごとの交通の状態についても把握しておく必要があります。

接客するのが好きな人

単にお客さんを送り届けるのではなく、接客もしないといけません。そのため、コミュニケーション力が高い人は、タクシードライバーとして適性があります。コミュニケーション力が高ければ、目的地につくまでの間、お客さんは快適に過ごすことができるでしょう。

体調管理が得意な人

タクシードライバーは長時間労働が珍しくないため、生活習慣が乱れやすいです。そして、体調も崩しやすいので、人一倍体調管理に気を配らないといけません。体調が悪くても無理をせずに、こまめに休憩するのが大切なのです。

[PR]
貿易職には英語が欠かせない!
数多くの講習を開講中!

施工管理は求人サイトで探そう

[PR]
個人タクシー会社へ転職♪
未経験歓迎な求人が満載☆