ロゴ

就労継続支援B型の利用方法[手続きを踏まないといけない]

HOME>ホットトピックス>就労が困難であれば就労継続支援B型を利用するべし

就労が困難であれば就労継続支援B型を利用するべし

JOB SEARCH

就労継続支援B型を利用するには

就労継続支援B型は、就労が困難な障害者を対象に、就労の場を提供する福祉サービスです。神戸周辺で就労したいのであれば、お住まいの自治体の福祉課などに相談することから始めましょう。相談をしたうえで、このサービスを受けるための申請を出します。その後、調査が入り「利用しても問題ない」と判断されれば、「障害福祉サービス受給者証」というものが発行されます。これは、サービスを受けるうえで必要となるものなので、紛失しないようにしましょう。障害福祉サービス受給者証の発行後は、自身が希望する事業所を選定し、就労をするという流れとなります。

就労継続支援B型を利用するメリット

  • 就労継続支援A型よりも施設の数が多い
  • 就労継続支援A型と違い年齢による利用制限がない

不安がいっぱい

就労が出来ない状態になると、様々な不安を抱くようになります。そのため、就労継続支援B型を利用しても「きちんと就労できるのだろうか」と思う方もいらっしゃると思います。そんな方に向けて、就労継続支援B型に関して疑問に思いがちなものを取り上げました。

就労継続支援B型に関するQ&A

履歴書

一般就労へステップアップは可能ですか?

十分に可能です。真っ当な施設であれば、一般就労しても問題ないと判断した人に対して、ステップアップできるようきちんとサポートしてくれるはずです。なお、ステップアップするためには、真面目に就労するのが前提ですよ。

就労継続支援A型との違いは何ですか?

大きな違いは雇用契約を結ぶかどうかです。就労継続支援A型は雇用契約を結びますので、最低賃金が保障されます。就労継続支援B型は雇用契約を結びませんので、賃金ではなく工賃が支払われますが、A型と比べて負担が少ないです。

人と接するのが苦手ですが大丈夫ですか?

事業所によっては、コミュニケーションをとることに不安がある人向けにサポートしてくれるところがあります。人と接するのが苦手な方は、そのようなプログラムを組んでいる事業所を選ぶようにしましょう。